たまりば

  旅行・観光 旅行・観光  立川市 立川市

オートルート巡り、グリメンツで宙に浮く

こちらの滞在期間も残すところ10日ていどとなってしまった。
あちこち行きたいのだけど、残念ながら昨日よりほぼ一日雨が続いています。
どうしようもないので、標高の高い地で、安ホテルを探したら、
結局ツェルマットにきてしまった。
明日には、最後にグリンデルワルドに向かう予定。
おそらく、ここでは今回マッターホルンを全く見れないでしょうね。

今週は、少しの晴れ間の間、スイスのヴァレー州の谷、アヴィニエール谷を少し廻っていました。
オートルートで通過する、Zinal, Grimentz,St-Lucなどの小さな村々があるところです。

そこで、1つの大きな変化がありました。

何と、グリメンツ(Grimentz)に、ロープウェイが新設されていて、モワリー(Moiry)の谷と、Zinalの谷の間にある、ソルボア(Sorebois)の峠やピークのある尾根へ、直接行けるようになってしまっていたこと!

オートルートの中で、モワリー湖から、このソルボワの峠を越え、Zinalに下るロープウェイのあるソルボワ展望台までは、1つのハイライトだった。ソルボア峠についた途端、ワイズホルン、ジィナールロートホルンなどの4000m峰が目に飛び込んできて大感激するところ。登ってきた苦労が報われる瞬間なのです。

ところが、このソルボワ峠の近く(少しは低いけど)まで、グリメンツからロープウェイで来れるようになってしまった。
苦労して登ったら、観光客だらけということになるのかもしれない。
モワリー湖からの登りを大幅に削減できるので、楽なショートカットコースの誕生であるけど、とても残念な気がしてます。




宙に浮く足。

この新設されたロープウェイ、中の足元にガラス張りの床窓が2ヶ所あります。
こわごわ乗ってみた。
やはり、不自然なためか、全く落ち着かないです。




このロープウェイでソルボアのピーク(Corni de Sorebois, 2895m)へ向うところです。
やや大型ですね。


なお、谷内の宿に宿泊すると、翌日の谷内の移動が、ポストバス、ケーブル等を含めて無料になるのは、同じでした。とても便利でありがたいです。でも、この新設ロープウェイだけは、50%割引にしかなりません。まあ、この無料パスシステムを導入した結果、スイスの半額カードが使えないようになってしまっているので、はやりこれはありがたいです。




  • 同じカテゴリー(2015 ヨーロッパアルプス)の記事画像
    モンブラン山群へ向うアルピニストで大渋滞 ミディ針峰
    モンブランを背景にラックブラン湖でヨガポーズ
    ジュネーブ上空から見た白きモンブラン
    カンデンリュシュテーグで見つけた可愛い無人ロープウェイ
    とても長閑なスイス中央部 レンク
    スイス ブッリュームリスアルプのからエッシネン湖へ
    同じカテゴリー(2015 ヨーロッパアルプス)の記事
     モンブラン山群へ向うアルピニストで大渋滞 ミディ針峰 (2015-09-13 15:44)
     モンブランを背景にラックブラン湖でヨガポーズ (2015-09-09 13:38)
     ジュネーブ上空から見た白きモンブラン (2015-09-02 10:34)
     カンデンリュシュテーグで見つけた可愛い無人ロープウェイ (2015-09-01 14:13)
     とても長閑なスイス中央部 レンク (2015-08-31 09:23)
     スイス ブッリュームリスアルプのからエッシネン湖へ (2015-08-25 03:01)

    2015年08月15日 Posted bymatterhorn2 at 17:37 │Comments(2)2015 ヨーロッパアルプス

    この記事へのコメント

    このロープウェイは去年乗りました グリメンツは古い街並みと赤いゼラニュウムの花の映える風情ある所なのですが近代的なガラス張りの乗り場ができていて驚きました 今朝はエッツタールを出発しましたがやはりガイスラーコーゲルのロープウェイの近未来的乗り場にも驚かされました 
    ただいまZugspitzeAreaより さっそく雨に降られてます 
    Posted by 広島atsuko at 2015年08月15日 23:00

    エッツタールにいらしたのですか。いいところですね。今回の悪天、少し続きそうで不安です。この後の予定が立てづらいな。。。
    Posted by alpslongtrail at 2015年08月16日 00:27
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    オートルート巡り、グリメンツで宙に浮く
      コメント(2)