たまりば

  旅行・観光 旅行・観光  立川市 立川市

とても長閑なスイス中央部 レンク

ヴィア・アルピナのトレイルは、カンデルシュティーグ(Kandersteg)からは、長閑なスイス中央部を西へ歩いてゆく。
アデルボーデン(Adelboden)、そしてレンク(Lenk)へとつながって行くのですが、
ここからは、ブリュームリスアルプのような急峻な山塊ではなく、谷と谷の間の尾根越えで、比較的なだらかなアルプが続き、スイスらしい長閑で牧歌的な光景が続いてくれます。

この辺りは、日本のガイドブックにはあまり紹介されていないですが、一応、各谷の北部の平坦部が繋がっていて、インターラーケンからモントルーに行く、有名な鉄道路線、ゴールデン・パス・ルートの一部になっています。

最後に、この辺りを紹介しておきましょう。

私自身は、これらを歩いた後、グリンデルワルドで1泊して、直ちに帰国しました。
現在、時差ぼけと格闘中です。。。




途中のアルプから眺めたレンクの街並みです。
なだらかで広い谷がアルプで覆われ、とてもスイスらしいですね。
最後の晴間の中で、とてものどかに歩くことができました。




レンクの駅前の様子です。
街としては、バスでしか入れない、1つ前のアデルボーデンの方が大きい感じです。




レンクまでは、谷入口のツヴァイジーメン(Zweisimmen)からローカル鉄道が繋がってます。
このツヴァイジーメンは、インターラーケンからモントルーに行く有名な鉄道路線、ゴールデン・パス・ルートの途中。
なので、このローカルな支線もゴールデン・パス・ルートの一部らしいです。




3両編成の短い車体にも、金色の文字でGolden Passと書かれています!
もちろん、ツヴァイジーメン(Zweisimmen)でGolden Pass本体の列車に乗り換えれば、インターラーケンに戻れます。


  • 同じカテゴリー(2015 ヨーロッパアルプス)の記事画像
    モンブラン山群へ向うアルピニストで大渋滞 ミディ針峰
    モンブランを背景にラックブラン湖でヨガポーズ
    ジュネーブ上空から見た白きモンブラン
    カンデンリュシュテーグで見つけた可愛い無人ロープウェイ
    スイス ブッリュームリスアルプのからエッシネン湖へ
    スイス ミューレンからブッリュームリスアルプへ
    同じカテゴリー(2015 ヨーロッパアルプス)の記事
     モンブラン山群へ向うアルピニストで大渋滞 ミディ針峰 (2015-09-13 15:44)
     モンブランを背景にラックブラン湖でヨガポーズ (2015-09-09 13:38)
     ジュネーブ上空から見た白きモンブラン (2015-09-02 10:34)
     カンデンリュシュテーグで見つけた可愛い無人ロープウェイ (2015-09-01 14:13)
     スイス ブッリュームリスアルプのからエッシネン湖へ (2015-08-25 03:01)
     スイス ミューレンからブッリュームリスアルプへ (2015-08-24 04:32)

    2015年08月31日 Posted bymatterhorn2 at 09:23 │Comments(2)2015 ヨーロッパアルプス

    この記事へのコメント

    色々ご紹介いただきありがとうございました 帰国後体重はへっていなかったですか?どうぞ日本の美味しいものいっぱい食べてください
    Posted by 広島atsuko at 2015年08月31日 22:58

    7月は減ったのですけど、8月の悪天停滞時に飲んでばかりいたので元に戻り、日本では食べ過ぎの日々が。。。 あちらの量に慣れ、大食いの習慣が残ってしまってますね。
    Posted by alpslongtrail at 2015年09月01日 10:40
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    とても長閑なスイス中央部 レンク
      コメント(2)