たまりば

  旅行・観光 旅行・観光  立川市 立川市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

GSB峠からTMBの素敵なフェレ谷へ行く

GSB峠(Col du Grand St-Bernard)からは、
ツール・デュ・モンブランTMBのスイス フェレ(Ferret)村に、
直接行くことができます。
実はGSB峠と、フェレ村は意外と近距離なのです。

TMBでは、イタリアとの国境大フェレ峠から、
フェレ村(隣がラ・フーリ村)に下って行きます。
なので、GSB峠からの道は、
フェレ村直前で、TMBに合流するのです。



<フェレ谷とモンブラン山群>

これから下るフェレ谷と、モンブラン山群です。
左端にモンブラン、グランド・ジョラス(左の大きな針峰)、
中央右に目立つのがモン・ドランですね。
TMBは左から合流する支谷を下ってきます。
ちょうど中央右に、La Peuleの小さな小屋も見えています。
TMBの大フェレ峠からの下りで立ち寄る小屋です。



<フェネトレ湖分岐から谷下へ>

まずはGSB峠から再びフェレの窓(峠)を越えて、
フェネトレ湖に。
ここで、湖岸の分岐をさらにフェレ谷底へ向います。
この分岐を右へ行くと、GSB周遊路コースにですね。



<近づくフェレ村>

フェレ村にかなり近づいてきたところ。
背後左の目立つ岩峰がモン・ドラン、
中央右の三角峰がツール・ノワールです。
聳え立つように感じられますね。



<フェレ村>

ようやくフェレ村に到着。
ここで唯一のホテルで、ビールを飲みながらバスを待ちました。
とてものどかです。。。


<付近の地図>

以下にフェレ村(ラ・フーリ村)付近の地図を乗せておきます。
  


  • 2013年12月24日 Posted by matterhorn2 at 21:42Comments(0)TDCオプション

    GSB峠周遊2 また峠越えでコンバン山群現れる

    GSB峠周遊路(Grand St-Bernard circuit)の、
    後半です。

    フェネトレ湖畔まで下り、
    湖に写るモンブラン山群を十分楽しんだら、
    右手に見える巨大な岩壁の鞍部に登ります。
    これが、バスティロン峠(Col du Bastillon, 2759m)です。
    周遊路の中で、一番北側になりますね。
    ここで、西にモンブラン山群、東にコンバン山群。
    素晴らしい展望が広がります。



    <バスティロン峠からのグランド・ジョラス>

    バスティロン峠に着いて振り返ると、
    なんだかグランドジョラスが
    より目立って見える気がします。
    でも、どんどん雲が湧いてきてて、
    間もなく見えなくなりそう!



    <バスティロン峠>

    バスティロン峠への急登が終わると、
    突然正面に、グラン・コンバンが現れる。
    疲れが、一遍に飛んでいきます。



    <バスティロン峠下、グラン・レ湖からのグラン・コンバン>

    バスティロン峠を越えて下ると、
    登山道から少し離れているのだけど、
    両側に1つづつ湖があります。
    グラン・レ湖と、プチ・レ湖。
    これもまたいいです。
    この写真は、05年に撮ったものです。
    このときは、終始快晴。



    <峠下の花畑とグラン・コンバン>

    グラン・レ湖の周囲には、
    ワタスゲの大群落が広がっていました。
    とてもいいですね。。。

    でもこの後、一端カール底に下り、
    さらに3つの目の峠、
    シェヴォー峠(Col ds Chevaux, 2776m)に登るのですが、
    これもまた急登!
    これを越えたら、GSB峠に下っていきます。  


  • 2013年12月21日 Posted by matterhorn2 at 13:12Comments(0)TDCオプション

    GSB峠周遊1:モンブラン山群を見に国境越え

    TDCは、グラン・コンバンを周遊する
    大きなトレッキングコースだったのだけど、
    その出発点である、
    グラン・サン・ベルナール(GSB)峠には、
    GSB峠周遊路(Grand St-Bernard circuit)という、
    1日で回れる別のトレッキングコースがあります。

    これは、GSB峠の直ぐ北西にある岩峰、
    ドローネ峰(Pointe de Drone, 2949m)を、
    一周するコースで、短いながらも、
    3つの峠を上下するややハードなものです。
    累積標高差は約900mで、
    歩くと約6hかかります。

    ちょっと大変だけど、これを歩くと、前半はモンブラン山群、
    後半はコンバン山群を見ながらという、
    素晴らしい展望に出会えるのです。

    では、前半戦を。



    <モンブランとグランド・ジョラスを映すフェネトレ湖>

    最初の峠、フェレの窓(Fenetre de Ferret)の峠を越えて、
    イタリアからスイスに入ると、
    一気にモンブラン山群が広がります。
    気分は最高!



    <1つ目の峠、フェレの窓>

    フェレの窓(Fenetre de Ferret)の峠から、
    イタリア側を振り返って見た。
    下から、人がいっぱい登ってくる。
    現地では以外に人気のあるコースなのです。



    <フェネトレ湖とモンブラン山群>

    フェレの窓(フェネトレ)の峠から、
    少し下ったところで撮った、パノラマです。
    モンブラン山群がすばらしいです。
    左隅の白い山が、モンブラン。
    下には、フェネトレ湖群(3つある)があり、
    周遊路は、湖に下り、
    右手の絶壁のような岩稜を登ります。
    近づくまで、道があるとは思えないほどだけど。。。



    <GSB周辺の地図>

    地図の上部がスイス、下部がイタリア。
    中央の山がDrone峰で、右下の湖がGSB峠、
    Drone峰を中心に、一周します。
    なので1日で2度の国境越えですね。

    また右回り(時計回り)に巡ったので、
    越える峠は、
    フェレの窓、バスティロン峠、そしてシェヴォー峠の順。
    移動距離はちょうど10km。  


  • 2013年12月19日 Posted by matterhorn2 at 12:55Comments(0)TDCオプション